キャリア・転職

キャリア・転職

【書評】「経営戦略としての異文化適応力」異なる文化圏の人と働く際の実践的ヒント

異文化圏の人たちと働くすべての人へ 経済・経営のグローバル化に伴い、海外の人と仕事をしたり海外マーケットを対象にビジネスを行ったりすることが当たり前になってきています。依然として日本企業の中には、非常にドメスティックな経営やビジネスを行っ...
キャリア・転職

【書評】 外資系コンサルタント サバイバル奮闘記 - プロフェッショナル・キャリアを歩む -(遠藤功)

本書のタイトルには、世間一般にはなんとなくスマートなイメージのある「コンサルタント」と、泥臭い「奮闘記」という相反する言葉が含まれています。著者とは「月とスッポン」ほどに大きな違いはあるものの、自身も一時気コンサルタントとして、まさに奮闘し...
キャリア・転職

社会人キャリアの「原点」を振り返る

新年度になりました。新入社員の姿を初々しく感じてしまう程に、自分も社会人として13年目を迎えました。齢も30後半を迎え、体もだいぶガタがきており、最近週1くらいでジムに通ってヨガなどに新たに取り組み始めたりしています。 ジムは市ヶ谷に...
キャリア・転職

【書評】「ある日、ボスがガイジンになったら!? -英語を習うより、コミュニケーションを学べ-」関橋 英作

今ではそれほど話題にもならなくなりましたが、日本企業が外資企業に買収されて、いきなり上司が外国人になって、英会話に通う人が増えた、なんて事がありました。日本企業であっても、海外と仕事をし、外国人留学生を積極的に採用している企業も多く、外国人...
キャリア・転職

「就活と恋愛は似ていない。(脱社畜ブログ)」はまさにその通りだと思う件

脱社畜ブログにて、こんなエントリーがありました 就活と恋愛は似ていない。 - 脱社畜ブログ 確かに、就活と恋愛には似ている点もあり、良くたとえとして出てくるものの、脱社畜ブログでは次の点で大きく異なると言います。 就職活動では...
キャリア・転職

掛け算でのキャリアの作り方「100万人に一人」の人材になる

キャリアを展開しながら築いていくケース ちょうど、先日、「プランドハップンスタンスセオリー」に関するエントリー(「キャリアは計画出来る」という誤解を解く、新しい時代のキャリアの考え方(「その幸運は偶然ではないんです!」))を書いたところで...
キャリア・転職

「キャリアは計画出来る」という誤解を解く、新しい時代のキャリアの考え方(「その幸運は偶然ではないんです!」)

あなたは5年後、10年後にどうなっていたいか、語ることが出来るか? あなたは、1年後、どんな仕事をしているでしょうか?もしくは、どんな仕事をしていたいでしょうか?5年後は?10年後はどうでしょうか? 就職活動や転職の面接の際に、こん...
キャリア・転職

プランド・ハップンスタンス・セオリー(Planned Happenstance Theory)とは 自身に当てはめると良く理解できる

ブログ1ヵ月以上更新出来ませんでした。 我ながら情けないですが、仕事・プライベートともに多忙を極め、それ以外でアウトプットする余力がなかったのが実情です。一つは仕事で、新しくかつ複雑なプロジェクトと、それほど複雑ではないですが、やたら...
キャリア・転職

「結婚」は自身のキャリアにおいてプラスかマイナスか

自身は今年で34歳になります。結婚して5年、子供二人にも恵まれました。これまで、あまりに忙しくて、家庭や結婚・夫婦について考える事は少なかったのですが、ここ最近、仕事も落ちついてきて、家族で過ごす時間が増えるにつれ、自分にとっての家族、結婚...
キャリア・転職

【不況期における転職活動】3.不況期における転職活動を進める上での心構え

不況期に転職活動を進める上で、この連載の中でも何度も言及していますが、やはり「長期化」のリスクを認識しておくことが必要だと思います。 もちろん、不況期だからと言って、求人が全くないわけではなく、特にリーマンショック崩壊以降の2010年...
スポンサーリンク