マーケティング・ブランディング

マーケティング

【書評】「実践的グローバル・マーケティング」(大石芳裕 )事例から読み解くグローバルマーケティングのポイント

月1程度の頻度で、グローバルで経営・マーケティングを行っている第一線の現役の会社の方を招いて、【無料】で勉強会を開催しているという、非常に有益な研究会です。 その大石教授の著書「実践的グローバル・マーケティング」。本書も、日本発でグローバル...
Web・IT

【書評】「だから、Webディレクターはやめられない―できるWebディレクターの成功戦略」島元 大輔(ソシム)

Webディレクターという仕事 Web関係の仕事というと、Webデザイナーをイメージされる方が多いかと思いますが、Web制作にあたっては、仕事を作り、取ってくるWebプロデューサー、全体を統括・管理するWebディレクターがいて、デザインする...
ビジネススキル

【書評】「ひとつ上のアイディア。」あのトップクリエイターたちは、いかにしてアイディアを生み出しているのか?

積読のうちの一冊。広告代理店に転職する前から、購入はしていたものの、代理店に転職してからもイマイチ手が伸びませんでした。そんな中、最近、あるプロジェクトで、日頃の仕事とは異なるメンバーによるプロジェクトで、新しいプランナーの方と仕事をするこ...
Web・IT

【書評】今話題の”データサイエンティスト”でなくても必要な統計リテラシーを学ぶ「統計学おは最強の学問」(ダイヤモンド社)西内啓

Googleのチーフ・エコノミストのハル・ヴァリアン氏が「10年後もっとも魅力的な仕事」としてデータサイエンティストを紹介したり、昨今のビッグデータというバズワード絡みで、データを解析・分析出来る人材が不足している点などから、今統計学が注目...
マーケティング・ブランディング

【書評】お店づくりの科学を知ってますか?「売り場マーケティングの教科書―なぜかモノが売れる店のつくり方」

みなさんが買い物される時、自然と手を取ってしまった商品とか、自然と店内を回遊してしまったりとか、ありませんか?実はそれらはお店によって巧妙に仕掛けられていたりします。 小売りの現場に隠されたマーケティングの仕掛けとは 小売の現場では、...
マーケティング・ブランディング

【書評】「費用対効果が23%アップする 刺さる広告」マーケティングを科学する手法について

広告に関しては、有名な以下の名言があります。 「広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。分からないのはどっちの半分が無駄なのかだ。」(米国の実業家 ジョン・ワナメーカー) 本書は、そんな莫大な投資金額に対して、...
スポンサーリンク