選挙ボランティア@松戸市議選2010 山中けいじ議員

先日、11月21日は松戸市議会議員選挙の投票日でした。

この選挙戦に、新卒で入社した会社の同期、新入社員研修の以前からなぜか仲の良かった山中けいじ議員も、立候補いたしました。

彼が松戸市議選に立候補したのが4年前。27歳。 サラリーマン出身で、無所属。政党や宗教団体、組合、企業の支援もない。 まさにジバン、カンバン(知名度)、カバン(資金力)なしの無謀な挑戦。

それでも、持ち前の頭のキレの良さと、止まらない口、行動力、 そして、松戸をなんとしても良くしていきたいという熱い志で、 おおかたの予想を裏切り5022票のトップ当選。

そして、今回。2期目の挑戦。2期目はこれまでの実績を見られること、 また目新しさもなくなって、真意を問われる選挙戦となる。 前回は、彼の通った松下政経塾の先輩たちの支援も多かったが、今回は少ない。

しかし、一方で、彼がこの4年間で受け入れてきた学生ボランティアやインターンが多く、おそらく他の候補者よりも応援団の若さの点では勝っていたのではないか。

それでも、今回も無所属無党派を貫き、組織票もなにもない選挙戦。 しかも、今回は新人も多く出馬し、混戦の模様。

自身が失業中という、時間の自由がきくこともあり、興味本位・好奇心で手伝いに行った。チラシのポスティングや、選挙期間中は街宣車の運転やカラス(ウグイス嬢の男性版の呼び名)を行ったりしていた。

正直、他の候補者とは全く活動のレベルが違うと感じた。それは本人の意気込み。4年間の圧倒的な実績と取り組み。そして、彼が育てたインターン学生もしっかりとしていて、熱い想いを持っている。

「当選は確実だ」と思っていた。

が、蓋をあけてみたら、

なんとなんと、前回の得票数を大きく上回り8287票でトップ当選である。

松戸市議会議員一般選挙(平成22年11月21日 執行)
http://www.senkyo-sokuho.net/kpc1/kpc1.html

これは、もうなんというか、奇跡でもブームでもなんでもなく、彼の想いが松戸市民にしっかりと伝わったものだと思う。本当にうれしい。自分の事のように嬉しい。

政治なんて、と政治不信や政治家不信に陥ってしまうのは分かる。僕もたいして政治に興味があるわけではないけれど、こういうものを目の当たりにすると市民参加の重要性を実感せざるを得ない。彼に投票した多くの人間は、縁故もなく、政党や宗教、思想も関係なく、彼の政策や行動力や想いへ共感した方々。こうした投票の一つひとつが政治家を変え、政治を変え、自分の住む町、国を変えていく。

自分の住む町の長を見てみよう。自分の住む町の議会議員を見てみよう。果たして、彼ほどの人間がいるだろうか。応援に値する人間がいるだろうか。

山中とその家族、ボランティア、インターンの皆に感謝したい。ありがとう。

松戸市民の方はもちろん、市外の方でも興味がある方は、 以下のサイトで彼が情報公開を行ってます。(情報公開の質と量がすごい)

山中けいじ
http://k-ji.jp/

ブログ移転しました。今後はこちらを更新しますので、よろしくお願いいたします。
ビジネススイッチをOnにする Biz-on.info http://bizion.info/

 

コメント