書評

キャリア・転職

【書評】「経営戦略としての異文化適応力」異なる文化圏の人と働く際の実践的ヒント

異文化圏の人たちと働くすべての人へ 経済・経営のグローバル化に伴い、海外の人と仕事をしたり海外マーケットを対象にビジネスを行ったりすることが当たり前になってきています。依然として日本企業の中には、非常にドメスティックな経営やビジネスを行っ...
キャリア

【書評】「中だるみ社員」の罠(山本寛) 伸び悩みを感じているあなたへ

本書は、「中だるみ」とありますが、自発的にたるんでいる社員を指しているわけではなく、様々な要因によって引き起こされる「キャリアの停滞(キャリア・プラトー)」と呼ばれる、所謂キャリアの踊り場であったり、伸び悩みのような状態について、各種調査結...
マーケティング

【書評】「実践的グローバル・マーケティング」(大石芳裕 )事例から読み解くグローバルマーケティングのポイント

仕事でグローバルマーケティングに携わるプロジェクトが続いており、勉強したいと考えていたところ、「グローバルマーケティング研究会」という、明治大学の大石教授が代表世話人を務める研究会を発見しました。 月1程度の頻度で、グローバル...
マーケティング

【書評】「ここらで広告コピーの本当の話をします。」(小霜和也)

タイトルはキャッチーですが、書かれている事は至ってまっとうで、基本的な広告コピーの役割と、それを作るための広告クリエイターとしてのあるべき仕事の取り組み方が書かれています。自身も、広告代理店勤務時代、コピーライディングに関する本はい...
マネジメント

【書評】「会社は頭から腐る―あなたの会社のよりよい未来のために「再生の修羅場からの提言」」冨山 和彦(ダイヤモンド社)

本書は2007年3月に解散した産業再生機構で、41社の企業再生を率いた冨山和彦氏が、企業再生の現場はもとより、自身が設立、経営を担ったコンサルティング会社のCDI(コーポレートディレクション)の経営危機の経験から、経営の本質とは何か、経営と...
Web・IT

【書評】「だから、Webディレクターはやめられない―できるWebディレクターの成功戦略」島元 大輔(ソシム)

Webディレクターという仕事 Web関係の仕事というと、Webデザイナーをイメージされる方が多いかと思いますが、Web制作にあたっては、仕事を作り、取ってくるWebプロデューサー、全体を統括・管理するWebディレクターがいて、デザインする...
キャリア・転職

「キャリアは計画出来る」という誤解を解く、新しい時代のキャリアの考え方(「その幸運は偶然ではないんです!」)

あなたは5年後、10年後にどうなっていたいか、語ることが出来るか? あなたは、1年後、どんな仕事をしているでしょうか?もしくは、どんな仕事をしていたいでしょうか?5年後は?10年後はどうでしょうか? 就職活動や転職の面接の際に、こん...
ビジネススキル

【書評】「ひとつ上のアイディア。」あのトップクリエイターたちは、いかにしてアイディアを生み出しているのか?

積読のうちの一冊。広告代理店に転職する前から、購入はしていたものの、代理店に転職してからもイマイチ手が伸びませんでした。そんな中、最近、あるプロジェクトで、日頃の仕事とは異なるメンバーによるプロジェクトで、新しいプランナーの方と仕事をするこ...
ビジネススキル

【書評】「Think no.47」今求められるコミュニケーション力の正体と育て方とは

企業が人材に求める能力として、良く言及されるのが「コミュニケーション能力」。しかし、このコミュニケーション能力というものの定義は非常に曖昧で、求められる側の人材としても、どんなコミュニケーション能力を高めて良いのか分からないのではないでしょ...
ビジネススキル

【書評】ストーリーで学ぶファイナンスの入門書 「パンダをいくらで買いますか?」

「ファイナンス」と聞くと、とっつきにくく、数字や計算式が多くて、会計(アカウンティング)のような面倒で、地味で、面白みのないもの、と思われる方もいるかも知れません。本書では、そんなファイナンスのエッセンスを非常にわかりやすく、ストーリーで教...
スポンサーリンク